【ウイイレアプリ】レジェンド選手「スコールズ」の能力値まとめ!攻撃の舵取りを行うプレーメイカー




ヒロ

こんにちは!本日も「Boooost」をお読みいただきありがとうございます。運営者のヒロです。

レジェンド選手記事第16弾!

ということで今回は「ポール・スコールズ」について解説していきたいと思います!

スコールズはイングランド代表やマンチェスターユナイテッドで活躍してきた、2000年台のレジェンドです。

スコールズを持っている人は、ぜひこの記事でスコールズの能力値や強み・弱みをチェックしていってください!

>>レジェンド選手記事一覧

ポール・スコールズの基本データ

 

この投稿をInstagramで見る

 

코오자라さん(@cozara_official)がシェアした投稿

基本データ
名前 ポール・スコールズ
身長/年齢 170/24
国籍 イングランド
所属クラブ マンチェスターU
ポジション CMF

まずはポール・スコールズのプロフィールを軽くおさらい!

スコールズは1992年から2013年までプレーしてきたイングランド人のサッカー選手です。

21年間のサッカーキャリアをマンチェスターユナイテッドで過ごし、11度のリーグ優勝、2度のCL制覇を経験するなど、計28タイトルを獲得しました。

敵陣ペナルティエリアから自陣ペナルティエリアまで攻守に絶大な影響力を持つ史上最高の「ボックス・トゥ・ボックス」といえる選手とも言われています(引用:https://www.footballchannel.jp/2019/04/28/post319353/)

更にジダン、アンリ、グアルディオラ、シャビ、イニエスタといったサッカー界の名だたる著名人がスコールズのプレーを絶賛するなど、名声・実績ともに十分のレジェンド選手です。

(スコールズの過去のプレーを観たい方はこちら👇)

ポール・スコールズのウイイレ基本情報

ヒロ

スコールズの現役時代を理解したところで、続いてはスコールズの能力値、選手スキル、適正ポジションについて見ていきましょう!

➀ポール・スコールズの能力値

まずはポール・スコールズのウイイレの能力値について!

下はスコールズのウイイレアプリ2019のLv.30時点の能力値と、Lv.49時点(レベルマックス)の能力値です。

スコールズはLv.30時点では総合値は87、最大レベル上限まで上げると92に到達します。

レベルMAXだと90越えの能力値は3個。

  1. フライパス(95)
  2. キック力(97)
  3. スタミナ(90)

スコールズの特徴としてまず挙げられるのが、フライパスの高さ

フライパスが「95」というのは他の選手と比べても非常に高く、現役選手ではトニ・クロースやデ・ブライネ並みの能力値です。

またキック力も非常に高く、パンチ力のある飛び道具を持ち合わせてるのも大きな特徴ですね。

ディフェンスの能力値の低さを考えると、ウイイレではスコールズは攻撃的なCMFと言えると思います。

②ポール・スコールズの選手スキル

続いてはスコールズの選手スキルについて!

スコールズの選手スキルは全部で10個あります!

ポール・スコールズの選手スキル
  • ヘッダー
  • 無回転シュート
  • ライジングシュート
  • ヒールトリック
  • ワンタッチシュート
  • ワンタッチパス
  • バックスピンロブ
  • ピンポイントクロス
  • 低弾道ロブ
  • 闘争心

スコールズの選手スキルは得意のシュート系とパス系のスキルがほとんどですね。

高いキック力を活かした無回転シュートやライジングシュートは強力です。

また、正確無比の低弾道ロブパスも出せるので、前線に足の速い選手を置いて、相手のディフェンスラインの裏目掛けてロングスルーパスを送るのもおすすめ。

選手スキルをMAX10個持っているのはスコールズの強みなので、ここの強みは最大化させていきましょう!

➂ポール・スコールズの適正ポジション

続いてスコールズの適正ポジションを見ていきましょう(下図)。

スコールズの登録ポジションはCMFですが、OMF、DMF、そして両サイドハーフという中盤のポジションであればどこでもプレー可能です。

めちゃくちゃユーティリティ性が高いですね。

これだけ複数のポジションでプレーできるとなるとどこで起用するか迷いどころですが、スコールズのプレースタイルは「プレーメイカー」です。

プレーメイカーとは
攻撃時は低めのポジションから攻撃の起点になるプレースタイル

つまり、基本的には自分が攻め上がるというよりも、味方からパスを受けやすい位置にポジショニングし、ボールを受けたらショートorロングパスで展開する特徴を持っています。

このプレースタイルを活かすのであれば「CMF」で起用させましょう。

もしくはディフェンスに難があるのでOMFでプレーさせ、攻撃に専念させる使い方がいいかと思います。

他の黒玉MFと比較してみた

正確なパスでゲームメイクしつつ、得意の強力なシュートで「ポール・スコールズ」

ここでは毎度のごとく、他の黒玉選手と比較してスコールズの強みや弱みを更に分析してみようと思います!

今回比較するのはネドヴェド、ジェラード、マテウスというレジェンドCMFの3人です!👇

【能力値比較】

結論

他の黒玉選手と比較してみて、スコールズの特徴が明らかになりました。

スコールズの特徴
  1. フライパスの精度が高い
  2. 決定力が高い
  3. ヘディングが強い
  4. 足が遅い

やはり他のレジェンドCMFと比べても、フライパスの能力値の高さは際立ってますね。

また決定力の高さもネドヴェドと並び1位の水準なので、積極的にシュートを打っていくべきです。

そして意外だったのがヘディングの強さ

スコールズはジャンプ力もありヘディングも強い、且つ「ヘッダー」のスキルを持っていて、CMFの中では空中戦に強い部類に入ってきます。

一方でネックなのがスピードの遅さですかね。

こういった形で比べてみると、個人的には総合してジェラードの方が使いやすいレジェンドCMFだと思います。

(スピード、ディフェンス面などを考えて)

まとめ

今回はレジェンド選手であるポール・スコールズの能力値や適正ポジション、黒玉CMFとの比較をしてきました!

最後にスコールズをまとめるとこんなかんじです👇

スコールズまとめ
  1. マンUに数々のタイトルをもたらしたレジェンド
  2. パス能力を活かしたゲームメイク力に強み
  3. 足が遅く、個人的にはジェラードに軍配を上げる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

他にもウイイレアプリ攻略についての記事を書いてるのでよかったら見ていってください!

>>ウイイレアプリ攻略記事一覧

【ウイイレアプリ2019注目記事】

【ウイイレをやってる人に読んでほしい記事】

【ポジション別おすすめ選手】