【ウイイレアプリ】レジェンド選手「ローターマテウス」の能力値まとめ!ボックストゥボックスの最強選手




ヒロ

こんにちは!本日も「Boooost」をお読みいただきありがとうございます。運営者のヒロです。

レジェンド選手記事第15弾!

ということで今回は「ローター・マテウス」について解説していきたいと思います!

ローターマテウスはドイツ代表やバイエルンやインテルといったビッククラブで活躍してきた、1980年~1990年台のレジェンドです。

マテウスを持っている人は、ぜひこの記事でマテウスの能力値や強み・弱みをチェックしていってください!

>>レジェンド選手記事一覧

ローターマテウスの基本データ

 

この投稿をInstagramで見る

 

#friyay @dfb_team @fifaworldcup

Lothar Matthäusさん(@lotharmatthaus10)がシェアした投稿 –

基本データ
名前 ローター・マテウス
身長/年齢 173/29
国籍 ドイツ
所属クラブ バイエルンなど
ポジション CMF

まずはローター・マテウスのプロフィールを軽くおさらい!

マテウスは1979年から2000年までプレーしてきたドイツ人のサッカー選手です。

主にバイエルンやインテルミラノといったビッククラブでプレーし、両チームでリーグ優勝を経験、ヨーロッパリーグの優勝も2回経験しています。

ドイツ代表では5度のW杯の出場を経験し、1990年のイタリアW杯では主将としてチームを優勝に導きました。

基本的に中盤のポジションでプレーしていましたが、晩年はリベロとしてプレーするなどプレーエリアは非常に幅広いです。

強烈なリーダーシップの持ち主で、クラブ、代表問わずどんな場所でも常に活躍し続けた、1980年~90年台のレジェンド選手ですね。

(マテウスの過去のプレーを観たい方はこちら👇)

ローター・マテウスのウイイレ基本情報

ヒロ

マテウスの現役時代を理解したところで、続いてはマテウスの能力値、選手スキル、適正ポジションについて見ていきましょう!

➀ローター・マテウスの能力値

まずはローター・マテウスのウイイレの能力値について!

下はマテウスのウイイレアプリ2019のLv.30時点の能力値と、Lv.45時点(レベルマックス)の能力値です。

マテウスはLv.30時点では総合値は87、最大レベル上限まで上げると91に到達します。

レベルMAXだと90越えの能力値は6個。

  1. フライパス(90)
  2. プレースキック(93)
  3. ディフェンスセンス(91)
  4. キック力(94)
  5. ボディコントロール(91)
  6. スタミナ(90)

ほぼすべての能力値が80越えで、非常にバランスの取れたMFです。

特にオフェンスセンスとディフェンスセンスがどちらも高い選手は非常に稀ですね。

ビダルやサウール、パウリーニョといったタイプのMFに近いです。

また、キックの精度も非常に高く、正確なロングパスを出せたり、力強いミドルシュートが打て、更にフリーキックも得意。

レジェンド選手といえばマラドーナやクライフを思い浮かべる人が多いかと思いますが、マテウスは地味とはいえ超有能レジェンド選手だと思います。

②ローター・マテウスの選手スキル

続いてはマテウスの選手スキルについて!

マテウスの選手スキルは全部で7個あります!

ローター・マテウスの選手スキル
  • ライジングシュート
  • ワンタッチシュート
  • バックスピンロブ
  • マンマーク
  • インターセプト
  • キャプテンシー
  • 闘争心

マテウスはライジングシュートのスキルを持っており、ボールが浮き上がる強烈なシュートを放つことができます。

またフライパスの能力値の高さを活かしたバックスピンロブもGOODポイント。

更にディフェンス系の能力地としてマンマーク、インターセプトを持ち合わせています。

ボール奪取、スタミナが高いので、チェイシングの選手スキルを追加するのを個人的におすすめします。

➂ローター・マテウスの適正ポジション

続いてマテウスの適正ポジションを見ていきましょう(下図)。

ネドヴェドの登録ポジションはCMFですが、OMF、DMF、そしてCBというセンターラインであればどこでもプレー可能です。

めちゃくちゃユーティリティ性が高いですね。

これだけ複数ポジションプレーできるとなるとどこで起用するか迷いどころですが、マテウスのプレースタイルは「ボックストゥボックス」です。

ボックストゥボックス
フィールドの隅から隅まで動き回り、攻守に貢献するプレースタイル

ピッチを縦横無尽に駆け回るマテウスのプレースタイルと守備センス、そしてキック力を活かすのであれば、CMFがやはりマテウスのベストポジションだと僕は思います。

他の黒玉MFと比較してみた

無尽蔵のスタミナでピッチ全体をカバーし、オフェンスもディフェンスも万能な闘将「ローター・マテウス」

ここでは毎度のごとく、他の黒玉選手と比較してマテウスの強みや弱みを更に分析してみようと思います!

今回比較するのはネドヴェド、ジェラード、スコールズというレジェンドCMFの3人です!👇

【能力値比較】

結論

他の黒玉選手と比較してみて、マテウスの特徴が明らかになりました。

マテウスの特徴
  1. ディフェンスの能力値が非常に高い
  2. フリーキックが上手い
  3. ドリブルに難あり

3人と比べてディフェンスセンス、ボール奪取、ヘディングといったディフェンスに関する能力値が軒並み高いです。

それでいてオフェンスの能力値も低くはないので、やはりマテウスは攻守に万能なCMFであることが分かります。

一方気になったのがドリブルの能力値の低さ。

他のマテウスの能力値と比べても、他のレジェンド選手と比べてもここが極端に能力値が低いです。

そのためマテウスは自分でドリブルで持ち上がるというよりも、ピッチを縦横無尽に駆け回り、ボールを奪ったらすぐに味方に展開、といったようなプレーがベストですね。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

17. 11. 1993 – @dfb_team vs @cbf_futebol #104.Länderspiel #rekordnationalspieler

Lothar Matthäusさん(@lotharmatthaus10)がシェアした投稿 –


今回はレジェンド選手であるローター・マテウスの能力値や適正ポジション、黒玉CMFとの比較をしてきました!

最後にマテウスをまとめるとこんなかんじです👇

マテウスまとめ
  1. W杯も経験したドイツの闘将
  2. 攻守に万能で、高いユーティリティ性を持ち合わせる
  3. ドリブルに難あり、ボール奪取したらすぐにパスが無難

マラドーナやクライフ、ロナウジーニョといったレジェンド選手と比べると華やかさに欠けますが、今回調べてみてマテウスはトップクラスに有能なレジェンドであることが分かりました。

持っている人は宝の持ち腐れにならないよう、しっかりと活用していきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

他にもウイイレアプリ攻略についての記事を書いてるのでよかったら見ていってください!

>>ウイイレアプリ攻略記事一覧

【ウイイレアプリ2019注目記事】

【ウイイレをやってる人に読んでほしい記事】

【ポジション別おすすめ選手】