【ウイイレアプリ2019】サイドバックの選び方とおすすめRSB&LSBをご紹介【随時更新】




ヒロ

こんにちは!本日も「Boooost」をお読みいただきありがとうございます。運営者のヒロです。

以前ウイイレのサイドバックのランキングの記事を書き、嬉しいことにたくさんの方に読んでいただきました👇

>>【ウイイレアプリ】僕が独断と偏見で選んだおすすめの右サイドバック(RSB)【金球】

>>【ウイイレアプリ】僕が独断と偏見で選ぶおすすめ左サイドバック(LSB)【黒&金】

しかしこの記事の情報はウイイレアプリ2018のもので、情報が古くなってしまっているんですよね。

そこで今回はウイイレアプリ2019版のサイドバックの選び方&おすすめ選手を紹介していきたいと思います!

新しいプレースタイルが生まれたり、新たに頭角を現してきた選手もいるので要注目です!

サイドバックのプレースタイルの種類

ヒロ

まずはサイドバックの種類から!実はサイドバックには3種類のプレースタイルがあるんです。

➀攻撃型サイドバック

1番目は攻撃的サイドバック。

攻撃的サイドバックとは常に高めのポジションを取り、積極的に攻撃参加するサイドバックのことです。

ウイイレ全体のサイドバックの7~8割がこのタイプのプレースタイルを持っています。

一番ベーシック、且つ使いやすいサイドバックですね。

僕も基本的には攻撃的サイドバックの選手を愛用しています。

攻撃的サイドバック例
  1. ダビド・アラバ(バイエルン)
  2. アレックス・サンドロ(ユヴェントス)
  3. カイル・ウォーカー(マンチェスターシティ)

②守備的サイドバック

2番目は守備的サイドバック。

守備的サイドバックとは、常に低めのポジションを取り、守備を重視して行動するサイドバックのことです。

守備的な布陣にしたいときはこういったプレースタイルを持つ選手を起用するのもありですね。

一方でこのプレースタイルの選手は数が少なく、ほとんど見かけたことがありません。

そのため守備的な4バックにするときは両サイドバックをセンターバックにするのが主流です。

守備的サイドバック例
  1. マクシミリアン・ウーバー(セビージャ)
  2. ドマゴイ・ヴィダ(ベシクタシュ)
  3. ジョエル・フェルトマン(アヤックス)

➂インナーラップサイドバック

ラストはインナーラップサイドバック。

インナーラップサイドバックとは、高めのポジションを取り、相手ゴール近くでは中に入って攻撃に参加するサイドバックのことです。

攻撃的サイドバックは常にサイドに開いているのに対し、インナーラップサイドバックはピッチ中央にポジションを取り、攻撃の組み立てに参加します。

中央の攻撃に厚みを増したいときはおすすめのプレースタイルですね。

このプレースタイルを持つ選手はボールコントロールやパスの能力値が高いのが特徴です。

インナーラップサイドバック例
  1. マルセロ(レアルマドリード)
  2. キミッヒ(バイエルン)
  3. ジョアン・カンセロ(ユヴェントス)

プレースタイルまとめ

最後にサイドバックのプレースタイルをまとめるとこんな感じです👇

サイドバックプレースタイルまとめ
  • ガンガンサイド攻撃したい⇒攻撃的サイドバック
  • 守備的な布陣にしたい⇒守備的サイドバック or CBを起用
  • 中盤に厚みを持たせたい⇒インナーラップサイドバック

同じサイドバックの選手でもプレースタイルによってタイプが異なることをまずは分かっていただけましたでしょうか。

基本的には攻撃的サイドバックが主流ですが、戦術によって守備的サイドバックにしたり、インナーラップサイドバックの選手に変えたりするのも面白いですね。

まずは自分がどんなサッカーがしたいのかを明確化し、そのサッカーに合ったサイドバック選びを行っていきましょう!

おすすめ右サイドバック(RSB)

ヒロ

ここからは僕のイチオシのサイドバックをRSB、LSBそれぞれ3選手紹介します。

➀カイル・ウォーカー(攻撃的サイドバック)

1人目はイングランド代表でマンチェスターシティに所属するカイル・ウォーカー

総合値84、最大レベル上限まで上げると総合値が89に到達する金玉最強サイドバックです。

ウォーカーの特徴はなんといってもスピードで、圧倒的な速さで右サイドをオーバーラップし、サイド攻撃に厚みをもたらしてくれます。

更にフィジカルも強く、対人戦や空中戦にも強いので、守備のときも頼りになるのがGOODポイント。

右サイドバックを誰にしようか悩んでいる人は、僕は間違いなくウォーカーをおすすめします!

【カイル・ウォーカー能力値】

選手スキル
  • エッジターン
  • ロングスロー
  • マリーシア
確定スカウト➀
  • マンブルー ★4
  • ロングスロー or エッジターン ★4
確定スカウト②
  • リーグイングランド ★4
  • RSB ★4
  • エッジターン ★4

②ジョアン・カンセロ(インナーラップサイドバック)

2人目はポルトガル代表でユヴェントスに所属するジョアン・カンセロ

今シーズン右サイドバックでメキメキと頭角を現し、1月のウイイレのアップデートでは総合値が80から84に大幅UPした、今注目の右サイドバックです。

カンセロの特徴はインナーラップサイドバックらしい足元の技術の高さで、ボールコントロールとドリブルの能力値はMF並みかそれ以上。

更に足も速く非常に使いやすい右サイドバックです。

今後黒玉昇格する可能性も十分高いので、右のインナーラップサイドバックを探している人はぜひカンセロを獲得しましょう!

【カンセロ能力値】

選手スキル
  • ピンポイントクロス
  • アウトスピンキック
確定スカウト➀
  • PMブラックホワイト ★4
  • ポルトガル or インナーラップサイドバック ★4
確定スカウト②
  • RSB ★4
  • アウトスピンキック ★4
  • 24歳以下 or ポルトガル ★4

➂バレンシア(攻撃的サイドバック)

3人目はエクアドル代表で現在マンチェスターユナイテッドに所属するバレンシア

2009年からマンチェスターユナイテッドに所属しており、昔は攻撃的な右サイドハーフの選手でしたが、プレースタイルを徐々に変化させ、現在は33歳ながら右サイドバックのレギュラーとしてプレーするいぶし銀です。

バレンシアをおすすめする理由はディフェンス力と選手スキルの豊富さですね。

バレンシアは攻撃的サイドバックであるものの、ディフェンスセンスやボール奪取能力が高く、フィジカルが強いです。

更に選手スキルにマンマークやインターセプトといったディフェンス系のスキルを持っているので、守備も重視したい人にはおすすめのサイドバックといえます。

【バレンシア能力値】

選手スキル
  • ピンポイントクロス
  • アウトスピンキック
  • マンマーク
  • インターセプト
  • 闘争心
  • キャプテンシー
確定スカウト➀
  • マンレッド ★4
  • エクアドル ★4
確定スカウト②
  • エクアドル ★4
  • RSB or インターセプト ★4

おすすめ左サイドバック(LSB)

ヒロ

続いては左サイドバックです!

➀マルセロ(インナーラップサイドバック)

 

1人目はブラジル代表でレアルマドリードに所属するマルセロ

所属するレアルマドリードで現在やや不調に陥っていますが、間違いなく今のサッカー界でNo.1の左サイドバックです。

マルセロの特徴はウイング並みの攻撃力。

能力値を見てもらうと分かりますが、オフェンスセンスやボールコントロール、ドリブルが80越え、更に決定力も78と得点を決める力も持っています。

そして選手スキルも10個持っており、こんなサイドバックは他にはいません(笑)

確定スカウトも「LSB&ノールックパス」でゲットでき、意外と獲得しやすいのもGOODポイント。

能力値最強&使っていて楽しい選手なのでまだ持っていない人はおすすめです!

選手スキル
  • ルーレット
  • 軸裏ターン
  • 足裏コントロール
  • ライジングシュート
  • ヒールトリック
  • ワンタッチパス
  • ピンポイントクロス
  • アウトスピンキック
  • ノールックパス
  • 低弾道ロブ
確定スカウト➀
  • MDホワイト ★5
  • インナーラップサイドバック ★5
確定スカウト②
  • LSB ★5
  • ノールックパス ★5

②アンドリュー・ロバートソン(攻撃的サイドバック)

2人目はスコットランド代表でリヴァプールに所属するアンドリュー・ロバートソン

昨シーズン終盤からリヴァプールのレギュラーを勝ち取り、リヴァプールの攻撃的なサッカーを支えている今伸び盛りのサイドバックです。

ロバートソンは足が速く超攻撃的なサイドバックが特徴的ですが、フライパスの高さにも注目してほしいですね。

レベルマックス時のフライパスの能力値は「89」。

選手スキルに低弾道ロブやピンポイントクロスといったパス系のスキルを持っており、正確なクロス、サイドチェンジが得意です。

1月のアップデートで金昇格し、今後ますます能力値UPが期待されています。

 

選手スキル
  • バックスピンロブ
  • ピンポイントクロス
  • 低弾道ロブ
  • キャプテンシー
  • 闘争心
確定スカウト➀
  • リヴァプール ★4
  • スコットランド ★4
確定スカウト②
  • リーグイングランド ★4
  • スコットランド ★4
  • 低弾道ロブ ★4

➂セアド・コラシナツ(攻撃的サイドバック)

3人目はボスニアヘルツェゴビナ代表でアーセナルに所属するセアド・コラシナツ

183cm、82kgというサイドバックには珍しい巨漢の体型で、身体も丈夫でけが人が続出するアーセナルにとって欠かせない存在です。

コラシナツの特徴はサイドバックとは思えないディフェンス力です。

レベルマックス時にはボール奪取が88、フィジカルはなんと92。

空中戦にも強く、攻撃的サイドバックでありながら守備もできるバランスの取れたサイドバックですね。

もちろん足も速く足元の技術もまあまああるので、ウイイレの中では影が薄めですが、めちゃくちゃいい選手なのでおすすめです!

 

選手スキル
  • 低弾道ロブ
  • マンマーク
  • 闘争心
確定スカウト➀
  • アーセナル ★4
  • ボスニアヘルツェゴビナ ★4
確定スカウト②
  • ボスニアヘルツェゴビナ ★4
  • LSB ★4

まとめ

今回はウイイレのサイドバックの選び方&おすすめのRSB・LSBを解説してきました!

おすすめ右サイドバック
  1. カイル・ウォーカー(攻撃的)
  2. ジョアン・カンセロ(インナーラップ)
  3. アントニオ・バレンシア(守備もできる)
おすすめ左サイドバック
  1. マルセロ(インナーラップ)
  2. アンドリュー・ロバートソン(攻撃的)
  3. セアド・コラシナツ(守備もできる)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

他にもウイイレアプリ攻略についての記事を書いてるのでよかったら見ていってください!

>>ウイイレアプリ攻略記事一覧

【ウイイレアプリ2019注目記事】

【ウイイレをやってる人に読んでほしい記事】

【ポジション別おすすめ選手】