【ウイイレアプリ2019】試合で簡単に点を決める方法を解説【僕の十八番です】




ウイイレでなかなか点が取れない…。何かいい得点の決め方ってないかな?

この記事はこんな悩みを持っている人に向けて書いています。

ヒロ

本日も「Boooost」をお読みいただきありがとうございます。管理人のヒロです。

ウイイレをしていると、突然得点を決められなくなるようなスランプに陥ることってありますよね。

  • 攻めているのに点が取れない…
  • そして相手に一瞬の隙をつかれて失点し負けてしまう…

誰しもこういった状況に一回はなったことがあると思います。

そんな苦しい状況を解決するために必要なのは“自分の十八番の得点パターンを確立すること”です。

「このプレーをすれば必ず点が取れるぞ!」というパターンを自分の中で作っておけば、なかなか点が取れないとき、あと一点どうしても必要なときにめちゃくちゃ助かるんですよね。

「そんな得点パターンなんかない!」と思う人もいるはずなので、今回は僕が得意とする得点パターンを一つ紹介します!

この方法を使ってガンガン点を取っていきましょう!

使用するフォーメーション

今回使用するフォーメーションはデシャンの「4-4-2」のシステムです。

個人的にこのシステムが一番使いやすく、且つ最強だと思っています。

>>【ウイイレアプリ2019】おすすめ監督「デシャン」まとめ!2トップの縦関係が最強すぎる

ここで僕の十八番の得点パターンを実現するために抑えておくべきポイントは以下の2つです。

  1. CFはラインブレーカーの選手
  2. STはボールコントロール&パスが上手い選手

CFはとにかく相手のディフェンスラインへ走り込むプレーをしてくれる「ラインブレーカー」というプレースタイルの選手。

STはボールキープできてパスが上手い選手を使いましょう!

STだと僕は黒玉の場合クライフやフェキル、金玉はアミヌハーリット、銀玉はヴィニシウス・ジュニオールを使っています。

実際の得点シーンを使って解説

それでは本題の簡単に得点を決めることができるパターンを実際の得点シーンを使って解説します。

まずは以下の動画を観てください!

その後順に解説していきます。

【プレー動画】

➀中盤の選手からCFへパス

まずは中盤の選手からCFへパス。

いわゆる“くさび”といったプレーですね。

②CFからSTへパス

ボールを受けたCFはキープしつつ隣のSTへパスします。

この結果相手のCBは引き釣り出されるので、後ろにスペースが生まれます。

このプレーがめちゃくちゃ重要です。

➂STがキープすると、CFは相手ディフェンスライン裏のスペースへ

STはボールをキープすると、その間にCFはラインブレーカーのプレースタイルを活かし、相手のディフェンスラインの裏へフリーランニング。

ここまで来たら8割型得点が入ったようなものです。

④STがCFへ浮き球スルーパス

ここでSTがCFへ浮き球のスルーパスを出せばCFは相手GKと一対一。

冷静にコントロールシュートを打てば一点ゲットです。

まとめると選手のプレーはこんなかんじですね↓

「中盤の選手 → CF → ST → CF」

紹介した動画はややSTのキープが長くなってしまったため、つり出したCBを有効活用したとまで言えませんが、このプレーを極めたらめちゃくちゃ点が入るようになりますよ。

まとめ

今回は僕が得意とする得点パターンを一つ紹介してみました!

このプレーの一番重要なポイントは、CFに一回パスをして相手のCBを釣り出すというところです。

CBを釣り出し、ぽっかり空いたスペースを使えば簡単に点が取れてしまうんですよね。

つまりCBが空けたスぺースを使って攻撃するという方法が一番有効なんです。

今回は4-4-2でしたが、この原則はどんなフォーメーションでもできるはずの得点パターンなので、これからはこの原則を意識してウイイレをしてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

他にもウイイレアプリ攻略についての記事を書いてるのでよかったら見ていってください!

>>ウイイレアプリ攻略記事一覧へ

【ウイイレアプリ2019注目記事】

【ウイイレをやってる人に読んでほしい記事】

【ポジション別おすすめ選手】