【ウイイレアプリ2019】最大レベル上限MAXで総合値90以上!最強金玉&銀玉選手を紹介【WG編】




ヒロ

こんにちは!みなさん今日もウイイレやってますかー?

今回はウイイレ2019で最大レベル上限MAXまで上げると総合値が90以上の雷玉クラスになる若手選手を紹介したいと思います!

今年の12月にリリースされるウイイレアプリ2019では、選手ごとに最大レベル上限が決まっていて、若い選手ほど最大レベル上限が高くなる仕組みです。
そのため金玉や銀玉の選手でも、最大レベル上限MAXまで上げたら総合値が90以上の雷クラスになる選手がけっこういるんですよね。

このような金玉&銀玉選手は全部で33人いて、最初はその選手を1記事でまとめようとしたのですがさすがに長くなりすぎたのでこの記事ではその中でもLWG&RWGの選手をまとめています!

この記事は昔書いた記事とかなり被るんですが、この他に「OMF,LMF,RMF編」「CMF,DMF編」「CB,GK編」とシリーズ化しているのと銀玉の選手も追加したということで新しい記事を作ってしまいました。

今回紹介する選手はこちら↓

  • レオン・ベイリー
  • ユスティン・クライファート
  • ライアン・セセニョン
  • ヴィニシウス・ジュニオール
  • ゴンサロ・グエデス
  • イルビング・ロサノ
  • ユリアン・ブラント
  • ミケル・オヤルサバル
  • ウスマヌデンベレ
  • マルコム(マウコン)

それではさっそく見ていきましょう!

LWG編

レオン・ベイリー

 

View this post on Instagram

 

Leon Bailey ⚽️✞さん(@leonbailey_9)がシェアした投稿


まず1人目は、ジャマイカ代表で現在はレヴァークーゼンに所属するレオンベイリーです。

ウイイレ2018では非搭載選手なんですが、2019には登場するのでその能力値の高さから超人気銘柄になることが予想されています。

ベイリーの特徴はなんといってもスピードの速さ
レベル30ですでにスピードが94瞬発力が96ありウイイレでもトップクラスの足の速さの持ち主です。

そしてレベル63まで上げるとスピードと瞬発力が99、そしてドリブルが91まで上がるので最強のドリブラーになれる素質を持っています。
ウイイレ2019でスムーズに確定スカウトで獲得するためにも、ウイイレ2018で「ジャマイカ ★4」の確定スカウトをオークションでゲットしておくといいですね。

【基本ステータス】

選手名 レオン・ベイリー
年齢 21
国籍 ジャマイカ
所属クラブ レヴァークーゼン
ポジション LWG
総合値(Lv.30) 84
総合値(Lv.63) 92

【レオンベイリーの能力値】

2018 2019(Lv.30) 2019(Lv.63)
オフェンスセンス 72 78(+6)
ボールコントロール 81 87(+6)
ドリブル 85 91(+6)
グラウンダーパス 75 80(+5)
フライパス 73 78(+5)
決定力 78 83(+5)
プレースキック 74 80(+6)
カーブ 78 83(+5)
ヘディング 62 67(+5)
ディフェンスセンス 56 62(+6)
ボール奪取 59 65(+6)
キック力 84 90(+6)
スピード 94 99(+5)
瞬発力 96 99(+3)
ボディバランス 74 79(+5)
ジャンプ 80 85(+5)
スタミナ 78 83(+5)
選手スキル
  • エラシコ
  • コントロールカーブ
  • 無回転シュート
  • ドロップシュート
  • ヒールトリック
  • ピンポイントクロス
  • ノールックパス
  • マリーシア

ユスティン・クライファート

 

View this post on Instagram

 

#forzaroma💛❤️

Justin Kluivertさん(@justink_)がシェアした投稿 –

続いて紹介したいのが、昨シーズンまでアヤックスでプレーし、今シーズンからはローマでプレーするユスティン・クライファートです。

クライファートはかつてオランダ代表やバルセロナで活躍したパトリック・クライファートの次男で、父親譲りのスピードとテクニックが特徴の選手。
アヤックス時代は両サイドを主戦場とし、シャペウや裏街道といったドリブルテクニックと圧倒的なスピードを武器にアヤックスのサイド攻撃を活性化させていました。

ウイイレ2018では銅玉選手でしたが、2019では総合値78の銀玉選手に大出世

更に最大レベル上限MAX(Lv.77)まで上げるとドリブル、スピード、瞬発力はそれぞれ90越えと優秀な左ウイングの選手に成長します。

【基本ステータス】

選手名 クライファート
年齢 21
国籍 イングランド
所属クラブ ローマ
ポジション LWG
総合値(Lv.30) 78
総合値(Lv.77) 90

【クライファートの能力値】

2018 2019(Lv.30) 2019(Lv.77)
オフェンスセンス 72 74(+2) 82(+8)
ボールコントロール 77 79(+2) 87(+8)
ドリブル 81 83(+2) 91(+8)
グラウンダーパス 71 73(+2) 81(+8)
フライパス 70 72(+1) 80(+8)
決定力 68 71(+3) 79(+8)
プレースキック 63 61(-2) 71(+10)
カーブ 70 70(±0) 77(+7)
ヘディング 62 62(±0) 69(+7)
ディフェンスセンス 57 57(±0) 65(+8)
ボール奪取 59 59(±0) 67(+9)
キック力 74 80(+6) 88(+8)
スピード 83 86(+3) 94(+8)
瞬発力 85 88(+3) 95(+7)
ボディバランス 66 66(±0) 74(+8)
ジャンプ 64 66(+2) 74(+8)
スタミナ 72 73(+1) 81(+8)
選手スキル
  • シザーズ
  • 足裏コントロール
  • ライジングシュート

ライアン・セセニョン


左ウイング3人目の選手は、イングランドの超逸材ライアン・セセニョンです!

2017-18シーズンはイングランド2部で17歳ながら15得点を取り、年間ベストイレブンに選ばれるなど大活躍。
今シーズンステップアップのためビッククラブへの移籍も考えられましたが、最終的には残留を選びました。

セセニョンは最大レベル上限がなんと83まで上がるんですが、レベル83時点の能力値がかなりえぐいんですよね…

  • スピード:98
  • 瞬発力:92
  • 決定力:86
  • スタミナ:89

このあたりの能力値が優秀で、特にスピードが98あるうえに決定力が86あるのはなかなかチートです。
ベイリーですら決定力83ですからね。

しかもまだ18歳。18歳の時点でこの能力値だとこれからの成長が末恐ろしいです(笑)

【基本ステータス】

選手名 セセニョン
年齢 18
国籍 イングランド
所属クラブ フラム
ポジション LWG(2018はLSB)
総合値(Lv.30) 77
総合値(Lv.83) 91

【セセニョンの能力値】

2018 2019(Lv.30) 2019(Lv.83)
オフェンスセンス 65 75(+10) 84(+9)
ボールコントロール 65 77(+12) 86(+9)
ドリブル 66 75(+9) 84(+9)
グラウンダーパス 70 75(+5) 84(+9)
フライパス 66 71(+5) 80(+9)
決定力 66 77(+11) 86(+9)
プレースキック 61 61 70(+9)
カーブ 62 64(+2) 72(+9)
ヘディング 60 65(+5) 73(+9)
ディフェンスセンス 63 65(+2) 74(+9)
ボール奪取 65 67(+2) 76(+9)
キック力 69 70(+1) 79(+9)
スピード 85 89(+4) 98(+9)
瞬発力 81 84(+3) 92(+9)
ボディバランス 60 64(+4) 73(+9)
ジャンプ 69 68(-1) 77(+9)
スタミナ 75 80(+5) 89(+9)
選手スキル
  • ラボーナ

ヴィニシウス・ジュニオール

 

View this post on Instagram

 

Eu ouço: “Filho meu, chegou tua hora de brilhar” 🔥⚽️ @realmadrid

Vinicius Jr.さん(@viniciusjunior)がシェアした投稿 –


続いても10代の超逸材、今シーズンからレアルマドリードに加入したヴィニシウス・ジュニオールです!

セセニョンはとにかくスピードでサイドをぶち抜くタイプなのに対し、ヴィニシウスはテクニック系のドリブラーで、ドリブルの能力値が96とかかなり高くドリブル系のスキルも多く持ってます。

そしてスピードも別に遅いわけではなく、スピードが93、瞬発力が96と十分すぎる数字。
更に決定力も86もあって、能力値のバランスはLWG最強選手であるネイマールに近いです。

確定スカウトなどヴィニシウスについて詳しくまとめた記事があるので、こちらを参考にしてみてください!

>>【ウイイレアプリ】ヴィニシウス・ジュニオールの確定スカウトまとめ!2019の能力値も公開

【基本ステータス】

選手名 ヴィニシウス・ジュニオール
年齢 18
国籍 ブラジル
所属クラブ レアルマドリード
ポジション LWG
総合値(Lv.30) 77
総合値(Lv.83) 91

【ヴィニシウス・ジュニオールの能力値】

2018 2019(Lv.30) 2019(Lv.83)
オフェンスセンス 72 73(+1) 82(+9)
ボールコントロール 77 84(+7) 93(+9)
ドリブル 81 87(+6) 96(+9)
グラウンダーパス 65 71(+6) 80(+9)
フライパス 63 73(+10) 82(+9)
決定力 72 77(+5) 86(+9)
プレースキック 66 66(±0) 75(+9)
カーブ 67 67(±0) 75(+8)
ヘディング 63 63(±0) 71(+8)
ディフェンスセンス 47 47(±0) 56(+9)
ボール奪取 47 47(±0) 56(+9)
キック力 68 68(±0) 77(+9)
スピード 84 84(±0) 93(+9)
瞬発力 86 88(+2) 96(+8)
ボディバランス 60 60(±0) 69(+9)
ジャンプ 60 60(±0) 69(+9)
スタミナ 72 72(±0) 81(+9)
選手スキル
  • シザーズ
  • エラシコ
  • シャペウ
  • 足裏コントロール
  • アクロバティックシュート
  • ライジングシュート
  • ヒールトリック
  • マリーシア

ゴンサロ・グエデス


5人目はポルトガル代表で現在はバレンシアに所属するゴンサロ・グエデスです!
今年のロシアW杯にも出場し、クリスティアーノ・ロナウドと2トップを組んでいたので知っている人も多いのではないでしょうか?

昨シーズンはバレンシアで33試合に出場し5得点9アシストとブレイクし、その結果ウイイレ2019でも総合値が78から83にアップしました。
そしてまだ22歳と若くポテンシャルもあるのでレベル上限は59、総合値は90まで上がります。

グエデスは左ウイングの選手で、デンベレやベイリーと比べるとスピードは物足りなさがありますが、その分決定力が84と高いのが特徴です。

ウイングの選手は足が速くても決定力が低い選手が多いのですが、グエデスはスピードもそこそこあり決定力も高いのでより得点に直結する働きをしてくれるでしょう。

今シーズンはすでに7得点を記録しリーガエスパニョーラで得点ランキング2位。
もしリーガの得点王になんかなったら黒球昇格は確実ですね。

【基本データ】

選手名 ゴンサロ・グエデス
年齢 22
国籍 ポルトガル
所属クラブ バレンシア
ポジション LWG
総合値(Lv.30) 83
総合値(Lv.59) 90

【ゴンサロ・グエデスの能力値】

2018 2019(Lv.30) 2019(Lv.59)
オフェンスセンス 74 81(+7) 86(+6)
ボールコントロール 78 83(+5) 88(+5)
ドリブル 82 87(+5) 92(+5)
グラウンダーパス 68 77(+4) 82(+5)
フライパス 72 78(+6) 83(+5)
決定力 73 84(+9) 89(+5)
プレースキック 68 68(±0) 73(+5)
カーブ 74 78(+4) 82(+4)
ヘディング 60 60(±0) 64(+4)
ディフェンスセンス 59 57(-2) 62(+5)
ボール奪取 55 55(±0) 60(+5)
キック力 80 80(±0) 85(+5)
スピード 83 83(±0) 88(+5)
瞬発力 85 85(±0) 89(+4)
ボディバランス 71 71(±0) 76(+5)
ジャンプ 61 60(±0) 65(+5)
スタミナ 75 75(±0) 80(+5)
選手スキル
  • シザーズ
  • ダブルタッチ
  • エッジターン
  • ワンタッチシュート
  • マリーシア

イルビング・ロサノ

 

View this post on Instagram

 

Orgulloso de ser Mexicano !Viva México!

Ro Lozさん(@hirvinglozano)がシェアした投稿 –


続いてはメキシコ代表でオランダリーグのPSVに所属する、イルビング・ロサノです

昨シーズンオランダリーグで17得点8アシストを記録、更にロシアW杯ではドイツ代表相手にゴールを奪うなどして世界に一気に名をとどろかしました。

その活躍もあってバルセロナが獲得に興味を示すなどビッククラブが熱視線を送っている逸材です。

ロサノは生粋のドリブラーで左サイドでボールを受けたら相手に向かってドリブルをしていき、細かいタッチで相手をかわしていきます。

そしてドリブルだけでなく決定力も持ち合わせていて、ドリブルからそのままゴールを奪うだけでなく、味方のクロスやパスを上手くゴールへ結びつける能力も持っています。

ウイイレ2019では昨シーズンの活躍を受けて総合値が80から83まで上がり、更にレベル上限が55なのでそこまでレベルを上げれば総合値は90の大台へ。
今シーズンもすでに5得点取っていて、今後PSVからビッククラブに移籍したらますます能力値も上がってくると思うので今のうちに獲得しておくことをおすすめします!

【イルビング・ロサノ能力値】

2018 2019(Lv.30) 2019(Lv.55)
オフェンスセンス 81 81(±0) 86(+5)
ボールコントロール 79 81(+2) 85(+4)
ドリブル 81 84(+3) 88(+4)
グラウンダーパス 73 75(+2) 79(+4)
フライパス 71 71(±0) 75(+4)
決定力 80 80(±0) 84(+4)
プレースキック 68 68(±0) 72(+4)
カーブ 75 77(+2) 81(+4)
ヘディング 61 61(±0) 65(+4)
ディフェンスセンス 51 53(+2) 57(+4)
ボール奪取 45 50(+5) 55(+5)
キック力 78 78(±0) 82(+4)
スピード 88 90(+2) 95(+5)
瞬発力 87 89(+2) 93(+4)
ボディバランス 67 67(±0) 71(+4)
ジャンプ 73 80(+7) 84(+4)
スタミナ 77 84(+7) 88(+4)
選手スキル
  • 足裏コントロール
  • マリーシア
  • チェイシング

ブラント

 

View this post on Instagram

 

💡💡💡

Julian Brandtさん(@julianbrandt)がシェアした投稿 –


次はドイツ代表で現在はブンデスリーガのレヴァークーゼンの10番を背負うユリアン・ブラント
レヴァークーゼンの生え抜き選手で、まだ22歳ながらブンデスリーガでは通算130試合以上に出場し29得点を記録している実績十分の選手です。

今シーズンはスタメンでプレーすることが多いのですが、昨シーズンは途中出場が多く「ジョーカー」的な役割で起用されたいました。
それもあってウイイレでは途中出場すると能力値が上がる「スーパーサブ」のスキルを持っています。

総合値90まで上がるので最強のスーパーサブとしてチームに入れてみるのも面白そうですね。

【基本データ】

選手名 ユリアン・ブラント
年齢 22
国籍 ドイツ
所属クラブ レヴァークーゼン
ポジション LWG
総合値(Lv.30) 83
総合値(Lv.60) 90

【ユリアン・ブラントの能力値】

2018 2019(Lv.30) 2019(Lv.60)
オフェンスセンス 81 81(±0) 86(+5)
ボールコントロール 83 85(+2) 90(+5)
ドリブル 87 87(±0) 92(+5)
グラウンダーパス 81 81(±0) 86(+5)
フライパス 75 76(+1) 81(+5)
決定力 75 76(+1) 81(+5)
プレースキック 63 63(±0) 68(+5)
カーブ 70 74(+4) 79(+5)
ヘディング 62 62(±0) 67(+5)
ディフェンスセンス 55 55(±0) 60(+5)
ボール奪取 54 54(±0) 59(+5)
キック力 78 79(+1) 84(+5)
スピード 85 85(±0) 90(+5)
瞬発力 83 83(±0) 88(+5)
ボディバランス 70 74(+4) 79(+5)
ジャンプ 68 69(+1) 74(+5)
スタミナ 73 74(+1) 79(+5)
選手スキル
  • エラシコ
  • スーパーサブ
  • マリーシア

ミケル・オヤルサバル

 

View this post on Instagram

 

Esto empieza💪🔥

Mikel Oyarzabalさん(@mikel10oyar)がシェアした投稿 –


続いてはスペイン代表でレアル・ソシエダでプレーするミケル・オヤルサバル
オヤルサバルは20歳ながらレアル・ソシエダの10番を背負い、昨シーズンは12得点5アシストとブレイクしたスペインの超逸材です。

利き足を左足なのですが、この左足を使ったドリブルやパス、シュートが非常に上手く、この左足から決定機を何度も生み出します。

ウイイレでは2018から2019のタイミングで総合値は変わらなかったのですが、若くポテンシャルのある選手なので最大レベル上限は65まで上がり、ここまで上げると総合値は90へ。

オフェンス系の能力を中心に爆上がりします。

そしてオヤルサバルは選手スキルが非常に優秀で、ワンタッチパス、ワンタッチシュート、そしてピンポイントクロスを持つというスキルお化け(笑)
ウイイレで起用する際はこのオヤルサバルのスキルを活かし、左サイドを起点にゲームを組み立てていきましょう!

【基本データ】

選手名 ミケル・オヤルサバル
年齢 23
国籍 スペイン
所属クラブ レアル・ソシエダ
ポジション LWG
総合値(Lv.30) 82
総合値(Lv.65) 90

【ミケル・オヤルサバルの能力値】

2018 2019(Lv.30) 2019(Lv.65)
オフェンスセンス 82 82(±0) 88(+6)
ボールコントロール 83 83(±0) 89(+6)
ドリブル 83 83(±0) 89(+6)
グラウンダーパス 79 79(±0) 85(+6)
フライパス 80 80(±0) 86(+6)
決定力 78 78(±0) 84(+6)
プレースキック 69 69(±0) 75(+6)
カーブ 78 78(±0) 83(+5)
ヘディング 63 63(±0) 68(+5)
ディフェンスセンス 55 55(±0) 61(+6)
ボール奪取 62 62(±0) 68(+6)
キック力 75 75(±0) 81(+6)
スピード 80 80(±0) 86(+6)
瞬発力 81 81(±0) 86(+5)
ボディバランス 69 69(±0) 75(+6)
ジャンプ 59 59(±0) 65(+6)
スタミナ 76 76(±0) 82(+6)
選手スキル
  • シザーズ
  • 軸裏ターン
  • ヒールトリック
  • ワンタッチシュート
  • ワンタッチパス
  • ピンポイントクロス
  • マリーシア

RWG編

ウスマヌ・デンベレ

 

View this post on Instagram

 

🇫🇷

Ousmaneさん(@o.dembele7)がシェアした投稿 –


更にフランス代表として臨んだロシアW杯でも全く活躍することができなかったので、ウイイレ2019では総合値が2018と比べてそこまで変わりませんでした。右ウイングの一人目の選手は、フランス代表でバルセロナに所属するウスマヌ・デンベレですね。

昨シーズンドルトムントからバルセロナに移籍し、一気にトップクラスの選手へ成長すると思いきやケガなどもあり出場は17試合で3得点と期待を裏切る結果に。

しかしまだ21歳と若くポテンシャルは間違いないので、ウイイレでは最大レベル上限が64、最終的に総合値が91とかなり上がります。
レベルを64まで上げればスピードと瞬発力は95越え、更にドリブルやボールコントロールも非常に高いのでベイリーと同じくトップレベルの右ウインガ―として活躍するはずです。

【基本データ】

選手名 ウスマヌ・デンベレ
年齢 21
国籍 フランス
所属クラブ バルセロナ
ポジション LWG
総合値(Lv.30) 83
総合値(Lv.64) 91

【ウスマヌ・デンベレの能力値】

2018 2019(Lv.30) 2019(Lv.64)
オフェンスセンス 75 77(+2) 83(+6)
ボールコントロール 82 83(+1) 89(+6)
ドリブル 87 86(-1) 92(+6)
グラウンダーパス 79 78(-1) 83(+5)
フライパス 75 75(±0) 81(+6)
決定力 77 77(±0) 82(+5)
プレースキック 78 65(-13) 71(+6)
カーブ 78 77(-1) 82(+5)
ヘディング 60 63(+3) 68(+5)
ディフェンスセンス 51 56(+5) 62(+6)
ボール奪取 50 50(±0) 56(+6)
キック力 78 82(+4) 88(+6)
スピード 89 90(+1) 96(+6)
瞬発力 91 92(+1) 97(+5)
ボディバランス 62 67(+5) 73(+6)
ジャンプ 70 69(-1) 74(+5)
スタミナ 74 74(±0) 80(+6)
選手スキル
  • シザーズ
  • エラシコ
  • 軸裏ターン

マルコム

 

View this post on Instagram

 

⚽️🔵🔴🙏🏾

Malcom Filipe S. De Oliveiraさん(@malcomoliveira_97)がシェアした投稿 –


右ウイング2人目はブラジル出身で現在はバルセロナに所属するマルコム(マウコン)

マルコムは昨シーズンリーグアンのボルドーで活躍し、今シーズンはローマへ移籍することが確実視されていたのですが、移籍直前にバルセロナが強奪したことで話題になった選手です(笑)

圧倒的なスピードとブラジル人らしいテクニックを持ち合わせた選手で、ボルドーでは主に右サイドでプレーしていました。

マルコムはドリブルでエリア内深くに侵入し味方へ正確なクロスを上げたり、カットインして利き足である左足からの強烈なミドルシュートが持ち味です。

ウイイレではスピードといったところはそこまで速くありませんが、最大レベル上限は64まで上がり、総合値も91まで到達するのでここまで上げれば強力な右ウインガ―になります。

更に先ほどのオヤルサバルと同じく、マルコムもスキルお化けで全部で10種類の選手スキルを持っています。

まだ21歳と若く、今後バルセロナでの活躍次第では将来黒玉になる可能性も十分あるので今投資しておく価値のある選手ですね。

【基本データ】

選手名 マルコム(マウコン)
年齢 21
国籍 ブラジル
所属クラブ バルセロナ
ポジション RWG
総合値(Lv.30) 82
総合値(Lv.64) 91

【マルコムの能力値】

2018 2019(Lv.30) 2019(Lv.64)
オフェンスセンス 70 77(+7) 83(+6)
ボールコントロール 85 86(+1) 92(+6)
ドリブル 86 85(-1) 91(+6)
グラウンダーパス 84 82(-2) 87(+5)
フライパス 85 81(-4) 87(+6)
決定力 65 76(+9) 81(+5)
プレースキック 78 84(+6) 90(+6)
カーブ 80 83(+3) 88(+5)
ヘディング 60 60(±0) 65(+5)
ディフェンスセンス 41 43(+2) 49(+6)
ボール奪取 42 43(+1) 49(+6)
キック力 78 77(-1) 83(+6)
スピード 84 83(-1) 89(+6)
瞬発力 88 86(-2) 91(+5)
ボディバランス 65 69(+4) 75(+6)
ジャンプ 62 62(±0) 67(+5)
スタミナ 75 78(+3) 84(+6)
選手スキル
  • シザーズ
  • ダブルタッチ
  • エラシコ
  • ルーレット
  • ワンタッチパス
  • バックスピンロブ
  • ピンポイントクロス
  • アウトスピンキック
  • 低弾道パス
  • マリーシア

まとめ

今回は最大レベル上限MAXまで上げると、総合値が90以上になる若手選手をポジション別にまとめてみました!

ウイイレがバージョンアップされるときに一番楽しみなのは、やっぱり「選手の能力値の変化」
ウイイレ2018から2019への移行では特に若手選手の能力値の伸びが半端ではなく、ウイイレ2019は若手主体のチームで組んでくる人も多そうです。

みなさんも今回紹介した選手を獲得して最大レベル上限MAXまで上げて、新しくチームを刷新してみましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
他にもウイイレアプリ攻略についての記事を書いてるのでよかったら見ていってください!

>>ウイイレアプリ攻略記事一覧へ

【ウイイレをやってる人に読んでほしい記事】

【ポジション別おすすめ選手】