【ウイイレアプリ2018】23歳以下&W杯に出場するおすすめ選手一覧【金&銀】

Sponsored Links



ヒロ

こんにちは!アプリ版のウイイレが大好きで、暇さえあればウイイレをしているヒロです。

ロシアワールドカップが近づいてきたということで、今回は23歳以下の選手で且つW杯に出場する選手を紹介します。

ワールドカップでは様々な注目選手がいると思いますが、その中でも若手の有望株に絞ってウイイレでも使えるおすすめ選手を集めてみました。

 

ちなみに対象選手は金&銀の選手で、レベル30になったときの能力値で比較してます。

それではポジション別に見ていきましょう!

 

Sponserd Links

CF編

ムバッペ

優れている能力
  • ドリブル:85
  • スピード:90
  • 瞬発力:92

有望な若手選手と聞かれたらまずはこの人は欠かせません。

パリサンジェルマンに所属しフランス代表のキリアンムバッペ

 

爆発的なスピードで相手を抜き去り、19歳と思えない落ち着きでシュートを決めるストライカーです。

フランス代表では10番をつけてプレーすることが決まりました。

僕がウイイレでよく起用する選手なのでW杯ではぜひとも大活躍して黒球に昇格することを期待しています。

 

ガブリエウ・ジェズス

優れている能力
  • ドリブル:85
  • 瞬発力:90
  • スピード:85

ムバッペと並ぶ若手CFとしてよく名前が挙げられるのが、マンチェスターシティに所属しブラジル代表のガブリエウ・ジェズス。

 

ヨーロッパで求められる戦術適応力が完璧で、且つブラジル人特有のテクニックをあわせ持つ「近代的なストライカー」などと評されています。

 

昨シーズンからマンチェスターシティに移籍してきたのですが、1年目からあのアルゼンチン代表のアグエロからポジションを奪ってしまうぐらいの活躍を見せました。

W杯ではネイマールやコウチーニョといった選手とのコンビプレーが観れるのを楽しみにしてます。

 

ティモ・ヴェルナー

優れている能力
  • 決定力:84
  • スピード:91
  • 瞬発力:93

ライプツィヒに所属しドイツ代表であるティモ・ヴェルナー

ドイツ代表はクローゼ以来なかなかCFの適任者を見つけるのに苦労してきましたが、ヴェルナーの台頭でその問題も解決しました。

 

圧倒的なスピードフィジカルで相手を抜きさりゴールを決める完全なストライカーです。

 

「自分はまだワールドクラスではない。まだまだ勉強する必要がある」という謙虚な姿勢もGOOD。

ドイツがW杯で優勝するかどうかはヴェルナーの活躍次第と言っても過言ではありません。

 

マーカス・ラッシュフォード

優れている能力
  • ドリブル:82
  • スピード:91
  • 瞬発力:92

マンチェスターユナイテッドに所属し、イングランド代表のマーカス・ラッシュフォード

まだ20歳ですがマンチェスターユナイテッドでコンスタントに活躍を続けている選手です。

 

イングランド代表はケインをいう絶対的なストライカーがいますが、ケインを押しのけるぐらいの活躍を見せてほしい。

 

LWG&RWG編

トマ・レマール

優れている能力
  • スピード:88
  • ドリブル:84
  • カーブ:88

タレントぞろいのフランス代表の前線でレギュラーを獲得した、モナコ所属のトマ・レマール

スピード良し、パス良し、シュート良しと3拍子がそろったウイングで、毎シーズンプレミアリーグなどから移籍が出るなど超人気銘柄です。

W杯の活躍次第では黒球の選手になってもおかしくありません。

 

ウスマヌ・デンベレ

優れている能力
  • スピード:89
  • ドリブル:87
  • 瞬発力:91

バルセロナに所属し、フランス代表のデンベレ

去年ドルトムントからバルセロナに1億ユーロで移籍し注目を集めた選手です。

 

とにかくドリブルが上手い選手で、相手のディフェンスと1対1になればガンガン仕掛けていくドリブラー。

昨シーズンはケガで思うようにプレーできませんでしたが、この前行われた親善試合で見事なコントロールシュートを決めるなど現在絶好調の選手です。

 

ムバッペ、レマール、デンベレなどなどフランスは良い若手がどんどん育ってきてますね。

 

スターリング

優れている能力
  • ドリブル:86
  • スピード:92
  • 瞬発力:95

マンチェスターユナイテッドに所属し、イングランド代表であるラヒーム・スターリング。

昨シーズングアルディオラ監督のもとで完全に開花した選手です。

 

持ち前のスピードとドリブルに加え、決定力がつき完成度の高いウイングに成長しました。

代表ではケインとのコンビプレーに要注目です。

 

ジェルソン・マルティンス

優れている能力
  • ドリブル:83
  • スピード:90
  • 瞬発力:94

スポルティングに所属しポルトガル代表のジェルソン・マルティンス

圧倒的なスピードフィジカルで相手を抜き去るウイングストライカーです。

そのプレースタイルからクリスティアーノ・ロナウド2世なんかと呼ばれることも。

 

Sponserd Links

OMF&CMF編

マルコ・アセンシオ

優れている能力
  • ボールコントロール:89
  • ドリブル:86
  • キック力:90

レアルマドリードに所属し、スペイン代表に選手されたマルコ・アセンシオ

 

特徴はなんといっても左足の強烈なミドルシュートです。

また大舞台に強いのもポイントですね。

チャンピオンズリーグやカップ戦などの大事な試合で常に点を取るので、この大舞台の強さを見ているとメッシやクリスティアーノ・ロナウドといった超スーパースターの領域に入る素質が十分あると僕は思っています。

 

もしスペイン代表がW杯の決勝まで進んだとしたら、決勝ゴールを決めるのはアセンシオかもしれません。

 

デレ・アリ

優れている能力
  • ボールコントロール:84
  • ドリブル:82
  • 決定力:80

トッテナムに所属しイングランド代表に選出されたデル・アリ

188cmという高身長を活かした懐の深いボールコントロールとドリブル、そして精確なミドルシュートを得意としてる選手です。

 

決定力が高く20歳のころからプレミアリーグで10得点以上取って一気に知名度を上げてきました。

レアルマドリードなどの移籍の噂が絶えない、移籍市場の超人気銘柄の一人です。

 

ジョバニ・ロ・セルソ

優れている能力
  • グラウンダーパス:81
  • フライパス:83
  • ボディバランス:84

続いてはパリサンジェルマンに所属し、アルゼンチン代表のロ・セルソ

ポジションは攻撃的MFになってますが、所属チームや代表では主にボランチでプレーしています。

 

レアルマドリードとのCLに出場していたのでその時初めてプレーを観たのですが、その時は球離れが良くていい選手だなあと思ってみてました。

アルゼンチンはフォワードはメッシをはじめ良い選手がたくさんいるので、そういった選手が良いプレーをするためには中盤の要であるロ・セルソの活躍がカギになってくるはずです。

 

ティーレマンス

優れている能力
  • グラウンダーパス:82
  • フライパス:83

続いて紹介するのはベルギーの新たな新星。

20歳でありながらベルギー代表に選手され、現在はモナコでプレーするティーレマンスです。

パス能力が高く、攻撃的なCMFですね。

モナコでは思うようなプレーする機会を得られていませんが、今後の経験という意味も込めて今回W杯に出場が決定しました。

 

CB&SB編

ホセ・マリア・ヒメネス

優れている能力
  • ヘディング:85
  • ボール奪取:87
  • ジャンプ:90

DFで最初に紹介するのは、アトレティコマドリーに所属しウルグアイ代表のヒメネス。

ヘディングに強くボールを奪う能力も高くて、且つスピードも十分に備えている万能型CBです。

ライバルチームのレアルマドリードが今夏に獲得する噂が出るなど、若手CBで一番の人気銘柄ですね。

 

ダビンソン・サンチェス

優れている能力
  • ヘディング:84
  • スピード:80
  • ボディバランス:85

続いて紹介するのがトッテナムに所属し、コロンビア代表のダビンソン・サンチェスです。

昨シーズンからトッテナムで試合に出始め、その後あっという間にトッテナムのレギュラーを張る選手にまで成長しました。

 

187cmという高身長と強靭なフィジカルを武器に、空中戦、対人戦にはめっぽう強いです。

またスピードも高いのである程度足の速い選手に対しても対応できる力があります。

 

ウイイレでは総合値が80とやや過小評価されている印象なので、2019年には総合値84まで上がるのではないかと期待している選手です。

 

ジェリー・ミナ

優れている能力
  • ヘディング:82
  • ディフェンスセンス:85
  • ジャンプ:83

続いて紹介するのがこちらもコロンビア代表のジェリーミナ

昨シーズンからバルセロナに移籍してきた有望株です。

 

銀球の選手とは思えないほどの高い能力値を持っています。

バルセロナに移籍してきた後はなかなか活躍できていませんが、ポテンシャルは十分にあるのでじっくりと戦術などを理解し、早くリーガエスパニョーラの試合に慣れてほしいです。

 

アルバロ・オドリオソラ

レアル・ソシエダでプレーし今回初めてスペイン代表としてW杯に出場するオドリオソラ。

スペイン代表は大好きなので毎回選手はチェックしているのですが、この選手だけ今まで全く聞いたことのない選手でした。

 

右サイドバックで代表のスタイルにもフィットしている若手成長株です。

先日の親善試合では代表初ゴールをマーク。

カルバハルのケガ次第ではスタメンでプレーするかもしれません。

 

GK編

ケパ・アリサバラガ

ゴールキーパーで唯一ランクインしたのが、アスレティック・ビルバオでプレーするケパ

 

急成長中の若手スペインGKで、一時期レアルマドリードが鶴翼に本腰を入れているという報道が出るくらいの逸材です。

スペイン代表にはデヘアがいるのでスタメンでプレーすることはないと思いますが、来シーズンには金昇格は間違いないぐらいの実力なので要チェック。

 

まとめ

今回は23歳以下の選手で且つW杯に出場する選手を紹介してきました。

今回紹介した選手がこのW杯で大活躍して、2019年版のウイイレで黒や金に昇格することを期待しています!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

他にもウイイレアプリ攻略についての記事を書いてるので見ていただけたらめっちゃ喜びます!

>>ウイイレアプリ攻略記事一覧へ

 

▼おすすめ記事▼

>>【裏技】ウイイレアプリでマイクラブコインを無料でゲットする方法

>>【ウイイレアプリ2018】ポジション別の黒玉選手一覧&最強ランキング

Sponsored Links