トニクロースのポジション・プレースタイルを解説!パス成功率100%のMF




ドイツ代表で、現在はレアルマドリードで活躍しているトニ・クロース。

ドイツ代表ではワールドカップでの優勝経験があり、所属するレアルマドリードではチャンピオンズリーグで3連覇に貢献するなどまさに世界最高のミッドフィルダーの一人です。

 

今回はそんなクロースのポジションやプレースタイル、また髪型や奥さんといった私生活面についても解説していきます!

 

プロフィール

Just some days left…

Toni Kroosさん(@toni.kr8s)がシェアした投稿 –

まずはクロースのプロフィールについて。

名前:トニ・クロース(Toni Kroos)

生年月日:1990年1月4日

出身地:東ドイツ・グライフスヴァイト

身長:183cm

体重:76kg

クラブ:バイエルン・ミュンヘンⅡ(2007-2008)

→レヴァークーゼン(2009-2010)

→バイエルン・ミュンヘン(2008-2010)

→レアル・マドリード(2014-)

トニクロースの背番号

🇷🇺

Toni Kroosさん(@toni.kr8s)がシェアした投稿 –

クロースの背番号は「8番」です。

ドイツ代表でも所属チームのレアルマドリードでも8番をつけてプレーしています。

8番はよく攻撃的なミッドフィルダーにつける数字なのでクロースにはぴったりの背番号ですね。

 

8番をつける前は代表で18番をつけていた時期もあります。

 

トニクロースの髪型

🛬🇨🇾

Toni Kroosさん(@toni.kr8s)がシェアした投稿 –

クロースは前髪を上げたアップバングのヘアスタイルがほとんどです。

金髪のアップバングはドイツ人によく見られるヘアスタイルでめちゃくちゃかっこいいですよね。

このスーツ姿のクロースもおしゃれすぎる…

 

彼女・奥さんはいる?

Already 3 years ago 💍 Feels like it was yesterday. Love you @jessica_kroos ❤️

Toni Kroosさん(@toni.kr8s)がシェアした投稿 –

続いてクロースの恋愛事情について!

クロースにはジェシカ・クロースさんというめちゃくちゃ美人な奥さんがいます。

そして現在は二人のお子さんに恵まれているようで、インスタを見ても幸せそうな生活が伝わってきますね。

To celebrate these crazy nights with my family makes me the happiest person on earth!

Toni Kroosさん(@toni.kr8s)がシェアした投稿 –

 

トニクロースのポジション

Good game. Bad result. But all eyes on Wednesday!

Toni Kroosさん(@toni.kr8s)がシェアした投稿 –

所属しているレアルマドリードでは主に「4-3-3」のインサイドハーフでプレーしてます。

インサイドハーフとは3人のミッドフィルダーの中で攻撃的な役割を担うポジションのこと。

レアルではカゼミーロが守備的なミッドフィルダーを担当し、クロースとモドリッチが中盤のバランスを取りながらより攻撃的にプレーしています。

クロース、カゼミーロそしてモドリッチが作り出すレアルマドリードの中盤は世界最高と言えるでしょう。

 

しかしカゼミーロはよく累積警告で欠場することがしばしばあるため、カゼミーロ不在時はモドリッチとダブルボランチを組むことが多いです。

 

またドイツ代表だと「4-2-3-1」のシステムを採用しているので、ドイツ代表ではダブルボランチの一角としてプレーしてます。

トップ下にエジルといった攻撃的な選手がいる場合は、あまり攻め上がらず中盤の底からゲームの組み立てに専念していますね。

クロースはそこまで守備が上手いわけではないので、ダブルボランチのときは相方にサミ・ケディラといった守備的なボランチを配置するとバランスがよくなります。

 

トニクロースのプレースタイル

Great game to watch yesterday.

Toni Kroosさん(@toni.kr8s)がシェアした投稿 –

正確なパスでゲームの組み立てを担う

クロースの特徴はなんといっても正確なパス

パス成功率90%越えは当たり前で、なんとパス成功率が100%だった試合もあるんです。

その試合では全80本のパスの内、41本が自陣で、残りの39本は敵陣で成功させたようで、敵陣でこれだけパスしたにもかかわらず全て味方にパスを通したのですから驚きですね。

 

またサイドへ展開する長距離のパスは芸術品です。

 

レアルマドリードは「4-3-3」のシステムを採用していて基本的にサイド攻撃が中心のチーム。

クリスティアーノ・ロナウドとベイルという両ウイングがサイドに張っているので、こういったサイドにいる選手にクロースが正確無比のロングパスを届けます。

特に相手サイドバックの裏のスペースへのロングスルーパスは芸術品

カルバハルやマルセロが相手サイドバックの裏を取り、クロースのパスから何度も決定的なチャンスを作ることができます。

 

クロースのパスはレアルマドリードの攻撃のスイッチを入れるパスであり、一つの戦術にもなってますね。

クロースのパスを堪能できる動画はこちら。

 

正確なミドルシュートが得意

パスだけでなくミドルシュートも得意としています。

基本的には中盤でプレーする機会が多いクロースですが、相手のマークがゆるいと前線へ攻め上がりミドルシュートを打っていきます。

 

クロースのミドルシュートは2パターンあり、一つ目はインステップを使った強烈な弾丸シュート。

相手GKもお手上げの強烈なミドルシュートをチャンスがあればどんどん打っていきます。

そしてこの強烈なシュートを左右両足で決めることができるのがまたすごいんですよね。

 

二つ目はインサイドを使ったコントロールショット。

さすがパスが正確なクロース、まさにゴールへパスするようなインサイドシュートを打つことができます。

特にシュートのボールスピードが速いわけじゃないのですが、ゴールキーパーが届かない位置へインサイドキックでシュートしているのでゴールが決まってしまうのです。

 

この2パターンのシュートを観ることができる動画はこちら!

 

セットプレーのキッカーとしても優秀

散々クロースの正確すぎるパスやシュートについて語ってきましたが、こういった正確なキックはセットプレーのときに重宝されています。

所属するレアルマドリードでは主にコーナーキックのキッカーを務め、ヘディングの強いロナウドやセルヒオ・ラモスへピンポイントクロスを上げています。

 

ドイツ代表ではコーナーキック以外にフリーキックのキッカーも務めており、数々の直接フリーキックを決めています。

先日のワールドカップでも後半ロスタイムに劇的なフリーキックを決めました。

こちらはその時のインスタです。

こういった場面でフリーキックを決め切れるところが世界で活躍するスーパースターの証拠ですね。

still alive

Toni Kroosさん(@toni.kr8s)がシェアした投稿 –

 

まとめ

今回はレアルマドリードに所属し、ドイツ代表のトニ・クロースについて解説してきました!

これからもクロースの芸術的なパスやシュートに注目していきたいですね。

レアルファンの僕としてもまだまだクロースには活躍してもらって、これからもタイトルを取り続けてほしいです!