ヴァランのプレースタイルを解説!地球上最速のスピードを持つセンターバック




フランス代表で、現在はレアルマドリードで活躍しているラファエル・ヴァラン

代表ではロシアワールドカップの7試合すべてに出場し、ウンティティと鉄壁のディフェンスラインを築きフランス代表の優勝の立役者となりました。

そして所属するレアルマドリードではチャンピオンズリーグで3連覇を達成し、絶好調のキャリアを歩んでいます。

 

更に今年からレアルマドリードの第4主将に就任し、ますます周囲からの期待が高まっているヴァラン。

今回はそんなヴァランのプロフィールやプレースタイルについて解説します!

 

プロフィール

⚽️⚽️ #StayFocus #APorLa13

Raphaël Varaneさん(@raphaelvarane)がシェアした投稿 –


まずはヴァランのプロフィールについて!

ヴァランは1993年、フランス北部の都市リールで生まれました。

両親がマルティニークというカリブ海に浮かぶフランス領の島にルーツがあり、マルティニークはあのコロンブスが「世界で最も美しい場所」と言った場所です。

 

7歳のときに地元チームでサッカーを始め、その後RCランスというクラブの下部組織に入団。

その後あっという間にカテゴリーを駆け上がり、2010年にプロデビューしました。

そしてプロ2年目の年(2011年)に、当時モウリーニョが監督を務めていたレアルマドリードに移籍します。

この時まだヴァランは18歳なのでとんでもないスピードで出世していったことがよくわかりますね。

 

そして現在もレアルマドリードでプレーし今年で8年目になります。

名前:ラファエル・ヴァラン(Raphaël Varane)

生年月日:1993年9月25日

出身地:リール

身長:191cm

体重:78kg

利き足:右足

ポジション:センターバック

クラブ:RCランス(2010-2011)

→レアルマドリード(2011-)

 

背番号

💪🏾 #HalaMadrid

Raphaël Varaneさん(@raphaelvarane)がシェアした投稿 –


ヴァランはレアルマドリードでは背番号5番をつけていて、フランス代表では4番をつけてプレーしています。

レアルマドリードではもともと2番をつけていたんですが、2016年に5番に変更になりました。

レアルマドリードの5番は同じフランス出身のレジェンド、ジダンが付けていた背番号でもあり、ヴァランはジダンの背番号を受け継いだのです(とは言えジダンが引退した後他の選手が5番をつけていましたが)。

クラブ側からのヴァランへの期待値の高さが、ヴァランが背負う背番号からよくわかりますよね。

 

奥さん、子どもについて

Joyeux Noël !! Feliz Navidad a todos!🎄🎁✨

Raphaël Varaneさん(@raphaelvarane)がシェアした投稿 –


ヴァランは2015年に一般女性(カミーユ・ティガさん)と結婚しました。

そして現在は二人の間に男の子が生まれています。

 

カミーユさんとは学生時代からの付き合いらしく、一般の人とは思えないほどきれいな方です。

そして学生時代に法律を勉強していたらしく、まさに“才色兼備”という言葉がとても似合いますね。

 

サッカー選手ってよくモデルとか女優と付き合って結婚するパターンが多いので、ヴァランの学生のときに付き合っていた彼女と結婚というのは好感度高いです(笑)

 

プレースタイル

圧倒的なスピードを活かしたディフェンス

⚽️💥 #TeamVarane

Raphaël Varaneさん(@raphaelvarane)がシェアした投稿 –


記事タイトルにもありますが、ヴァランは地球上最速のセンターバックと呼ばれるほどのスピードを持つ選手です。

サッカー選手最速と呼ばれるオーバメヤンにもスピードで勝つぐらい足が速い。

 

センターバックは基本的に足が遅い選手が多いので、ヴァランのように足の速いセンターバックは珍しいんですよね。

 

この持ち前のスピードによって主に3つのメリットがあると思います。

  1. 広大なスペースを守ることができる
  2. 相手選手が裏に抜け出しても追いつける
  3. ドリブルで振り切られることがない

特に➀と②はレアルマドリードのセンターバックには欠かせない要素です。

レアルの両サイドバック(カルバハル&マルセロ)は常に高めのポジショニングをするので、サイドバックの裏のスペースが空きがちになります。

そのためセンターバックには味方選手をカバーリングする能力が必要であり、その点ヴァランはレアルのセンターバックにぴったりです。

 

クリーンな守備

ヴァランのもう一つの特徴は「クリーンな守備」

つまりファールをせずに相手選手からボールを奪うのが得意ということです。

 

センターバックの選手は、当たり前ですが基本的にディフェンスが専門なのでどうしてもファールを取られたりイエローカードをもらうことが多くなります。

しかしヴァランはセンターバックの選手でありながらイエローカードをもらうようなことはほとんどありません。

実際にプロデビューしてから200試合以上クラブや代表でプレーしていますが、イエローカードをもらった枚数は14枚。

この前のロシアW杯でも7試合に出場してイエローカードの枚数が0枚と、ヴァランのクリーンなディフェンスは数字にもしっかりと表れています。

 

大してレアルマドリードのもう一人のセンターバック、セルヒオラモスはリーガエスパニョーラで163枚イエローカードをもらっていて、通算警告数が歴代ナンバー1です(笑)

ダーティーなラモスとクリーンなヴァラン、対照的なセンターバックの組み合わせが面白いですね。

 

まとめ


今回はフランス代表でレアルマドリード活躍するラファエル・ヴァランのプロフィールやプレースタイルについて解説してきました!

圧倒的なスピードとクリーンな守備でフランス代表とレアルマドリードのディフェンスラインを支えているヴァラン。

これでまだ25歳というのが驚きですね。

これからキャリアのピークに向かっていくので、まだまだヴァランのプレーは進化していくと思います。

フランス代表でワールドカップを優勝し更にレベルアップしたと思うので、来シーズンのレアルマドリードでのプレーが楽しみです!