カルバハルのプレースタイルを解説!レアルを支える最強右サイドバック




スペイン代表で、現在はレアルマドリードで活躍しているカルバハル

カルバハルはスペイン代表としてワールドカップに選ばれ、所属するレアルマドリードではチャンピオンズリーグで3連覇に貢献するなど世界最高の右サイドバックとも呼ばれています。

 

今回はそんなカルバハルのプロフィールやプレースタイルついて解説していきます!

 

プロフィール

Un lustro de aquel maravilloso día!! Por 5 años más!!! 😊⚽️⚽️

Daniel Carvajalさん(@dani.carvajal.2)がシェアした投稿 –

まずはカルバハルのプロフィールから!

カルバハルはスペインのレガネスという場所で生まれ、その後レアルマドリードのユースチームに加入しました。

 

20歳のころレアルの下部組織でバリバリ活躍していたカルバハルですが、当時はアルベロアというスペイン代表の右サイドバックがレアルにいたこともありドイツのレヴァークーゼンへ移籍(※契約期間:5年間、移籍金:推定500ユーロ、最初の3年間はレアル・マドリード側が買い戻しオプションを保有)。

その後移籍先で大活躍を見せると、レアルはすぐにカルバハルを買い戻ししてカルバハルはレアルに復帰します。

 

そして戻った後はレアルの不動の右サイドバックとして5年以上活躍している、レアル生え抜きの右サイドバックです。

名前:ダニエル・カルバハル・ラモス(Daniel Carvajal Ramos)

生年月日:1992年1月11日

出身地:レがネス

身長:173cm

体重:73kg

利き足:右足

クラブ:レアルマドリードB(2010-2012)

→レヴァークーゼン(2012-2013)

→レアルマドリード(2013~)

 

背番号


カルバハルの背番号は「2番」です。

スペイン代表でもレアルマドリードでも2番をつけてプレーしています。

サッカーにおける2番は右サイドバックの選手がよくつける背番号なのでカルバハルにはぴったりですね。

 

プレースタイル

ピンポイントクロスが武器

2 DÍAS!!! #halamadrid ⚽️⚽️⚽️

Daniel Carvajalさん(@dani.carvajal.2)がシェアした投稿 –


カルバハルの特徴といったらなんといってもクロスの精度ですね。

味方の選手にピンポイントで合わせるクロスが武器です。

カルバハルのクロスから得点が生まれることは多く、1シーズンでカルバハルは大体5~6アシスト記録しています。

更にクロスのバリエーションも豊富で、

  • 斜め45度からのアーリークロス
  • 滞空時間の長いフワッとしたクロス
  • ディフェンダーとゴールキーパーの間を通すグラウンダーのクロス

などなど…

相手の的を絞らせないプレーでレアルにたくさんのチャンスをもたらしてくれます。

 

90分間上下動ができるスタミナ

サイドバックは運動量が求められるポジションですが、カルバハルはサイドバックの中でもトップクラスのスタミナの持ち主です。

攻撃ではオーバーラップをして攻め上がり、時には味方からのロングパスを相手のサイドバックの裏でもらうこともあります。

かといって攻撃に専念しすぎることなく、ディフェンスの際はすぐに自陣へと戻ります。

 

このプレーを可能にしているのがカルバハルの強靭なスタミナであり、これを90分間繰り返し続けられるのが世界屈指の右サイドバックたる所以でしょう。

 

しかしプレーエリアがサイド中心で縦へドリブルするプレーが大半なので、チームメイトのマルセロのように中央へカットインしてチャンスを生み出すプレーができるようになると更にワンランク上の選手になると思います。

 

対人戦に負けないフィジカル

173cmと小柄なカルバハルですが、フィジカルが強く対人戦には負けないのも強みです。

右サイドバックの選手は相手の左ウイングの選手と対峙するので、毎試合ネイマールやリベリーといったようなエース級の選手と1対1をします。

しかしこういった選手にも持ち前のスピードとフィジカルを駆使して対処し、相手選手に振り切られてピンチを招くといったシーンはほとんどありません。

カルバハルはこのように攻守両面で高い能力を持つ右サイドバックなのです。

 

カルバハルの弱点

Daniel Carvajalさん(@dani.carvajal.2)がシェアした投稿


しかしながらカルバハルにも一つ弱点が。

それは身長が低いため空中戦の競り合いに弱いというところです。

実際にカルバハルのところをクロスで狙われる試合は多くあります。

 

この“カルバハル対策”が一番うまいのがイタリアのユベントス。

左サイドに191cmのマンジュキッチを起用し、カルバハルとのミスマッチを起こします。

実際にCLでレアルとユベントスが試合をするときは、守備に難があるマルセロの左サイドを崩し逆サイドにいるマンジュキッチにクロスを上げ、マンジュキッチがヘディングシュートを決めるというプレーが2,3度ありました。

 

レアルとしてはこれを防ぐために相手の右サイドにいる選手にクロスを上げさせないことが大事になってきますが、これがなかなか機能していないようで毎試合マンジュキッチにやられています(笑)

 

まとめ

Ha sido un honor jugar a tu lado, te vas siendo leyenda. te deseo lo mejor @cristiano

Daniel Carvajalさん(@dani.carvajal.2)がシェアした投稿 –


今回はカルバハルのプレースタイルやプロフィールについて解説してきました!

レアルマドリードでは不動の右サイドバックとしてプレーするカルバハル。

今年で27歳になりこれからはクラブを引っ張っていく存在になるべき存在なので、2018-2019シーズンはカルバハルの更なる活躍に期待です!