ミュンヘンで朝活!朝ごはんにおすすめしたいパン屋さんを紹介




ヒロ

こんにちは、大学生ブロガーのヒロ(@Hiropto0907)です!

 

今回はミュンヘン旅行でぜひ訪れてほしい,朝ごはんにおすすめのパン屋さんについて紹介します。

 

「ミュンヘン 朝ごはん」といったかんじで調べると「朝から白ソーセージとビール!」みたいな記事が多いんですよね(笑)

「いくら美味しくてもさすがに朝っぱらからソーセージとビールはきついよな…」

と思い、何か朝ごはんに最適なパン屋さんなどないかといろいろ調べていたところ、

 

  • ミュンヘンのパン屋さん部門でトリップアドバイザー1位
  • Googleの評価が4.7(最高が5)

 

という評価最高のパン屋さんを見つけたので早速行ってみました。

 

Schmalznudel – Cafe Frischhut

今回紹介するのは「Schmalznudel – Cafe Frischhut」という名前のパン屋さん。

ミュンヘンの中心部であるMarienplatz駅から徒歩7分の立地にあり、Sendlinger Torという駅からも徒歩10分程度で行けます。

朝は8時から、夜は18時まで営業。

日曜日は定休日なのでご注意を。

 

このパン屋さんでぜひ食べてほしいのは、お店の名前にもある「シュマルツヌーデル」というパンです。

店員さんが手前で焼いているのがシュマルツヌーデルですね。

シュマルツヌーデルとは真ん中がちょっとへこんだ揚げパンのことで、南ドイツの名物だそう。

かなりシンプルな揚げパンなのですが、パンのもちもちとした食感とミュンヘン地元民に大人気なんです。

 

開店時に行ったので店内はさすがに空いていました。

それでもすぐにお客さんがぞろぞろと入ってきていたので人気店であることを実感しました。

 

席に座り、早速シュマルツヌーデルとホットコーヒーを注文!

 

数分すると、できたてのシュマルツヌーデルが出てきました。

めちゃくちゃ美味しそう!!

一口食べると、シュマルツヌーデルのもちもちとした食感と絶妙な砂糖の甘さが口の中で広がりました。

うますぎる…

これはホットコーヒーとの相性抜群ですね。

 

海外の菓子パンって甘すぎるものが多くて苦手なんですが、シュマルツヌーデルは全くそんなことなく何個でもいけちゃいそう。

もちろんシュマルツヌーデル以外にも様々なパンが売ってますよ!

価格はだいたいどのパンも2.1ユーロ。

テイクアウトもできるみたいで、お店の前には様々なパンが売っていました。

ミュンヘンの滞在日数が短かったので一回しか行けませんでしたが、旅行中は毎朝訪れたいと思えるぐらいのパン屋でした。

「そろそろソーセージ以外のものも食べてみたい」と思った方は、ぜひ「Schmalznudel – Cafe Frischhut」に行って南ドイツの実物おやつであるシュマルツヌーデルを食べてみてください!

店舗名  Schmalznudel – Cafe Frischhut
住所  Prälat-Zistl-Straße 8, 80331 München
TEL  +49 89 26023156
営業時間  8:00~18:00(日曜定休)
アクセス  Marienplatz駅から徒歩7分

ミュンヘンのオススメ記事