インターンシップは何年生から始めるといい?いつからがベスト?

スポンサーリンク




大学生で今話題のインターンシップ。

数年前から企業側はインターンシップの活動に力を入れ始め、それに伴い大学生側もインターンシップに参加しようという人がどんどん増えてきています。

今では就職活動でインターンシップを経験することは当たり前になってきました。

そこで今回はこうしたブームになっているインターンシップは何年生から始めるとよいか、いつごろから始めたらよいかについて説明していこうと思います。

 

スポンサーリンク

インターンシップはいつでも誰でも始められる!

 

「何年生からでも始めていい」

これがインターンシップをいつから始めたらよいか、何年生から始めればよいかという問いに対しての答えです。

 

大学1、2年生にとってはインターンシップという言葉を身近に感じていない人が大半のはずでしょうが、大学1、2年生からインターンシップを行っている人はいます。

また、就職活動を控えた大学3年生にとってはインターンシップを経験することは非常に大事ですし、就職活動を終えた大学4年生にもインターンシップはおすすめです。

なぜここまでインターンシップを勧めるのか、その理由は後ほど説明していきます。

 

インターンシップには種類がある

 

じゃあ自分はどんなインターンシップを行ったらよいか、そんなことを考える前にインターンシップにはいくつか種類があるのでそれについて見ていきましょう。

 

短期インターンシップ

短期インターンシップとは大学生が長期休み(夏休みや冬休みなど)の際に行われるインターンシップのことを指します。

日数が1日のものもあれば5日間、長くて1か月といったかたちになっており、比較的短い期間のため短期インターンシップと呼ばれます。

このインターンシップは就職活動の一環として行われているケースが多く、そのため対象となる学生は大学3年生や大学院1年生の学生が多いです。

企業側はこうしたインターンシップを開催することで、学生に自社の仕事や業務内容を理解してもらおうと考えており、更に優秀な学生を自社に引き入れようとインターンシップ後に囲い込みする企業も存在します。

 

長期インターンシップ

長期インターンシップはアルバイトのように週○日、時給○円といったかたちで、実際に企業でお金をもらいながら働くインターンシップのことをいいます。

有給インターンとも言ったりしますね。

 

アルバイトと何が違うの?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、一番の違いは「働く目的」です。

アルバイトをする目的は基本的に「お金を稼ぐ」といった目的ですね。

より時給のいいところ、より効率よく稼げるところで皆さんもアルバイトをしてるのではないでしょうか?

一方長期インターンシップは「自己成長したい」「社会経験を得たいから」「何か面白い事をしたい」といった目的で行う大学生が多いです。

長期インターンシップはそうした成長意欲の高い大学生の目的を実現してくれる場であり、且つお金も稼げるのですから一石二鳥ですね。

 

海外インターンシップ

最後は海外インターンシップ。

これは主に「英語を使って仕事がしたい」、「将来はグローバルな人材として活躍したい」などといった志を持つ大学生のための海外で行われるインターンシップです。

地域はアメリカやヨーロッパ、また今急速に発展しているタイやカンボジアといったアジア諸国です。

期間は3~4週間の短期のものから1年以上かけて行われる長期のものまで様々です。

更に海外での長期インターンシップでも実際に給料が出て、本格的な海外での仕事を経験することができます。

 

学年別おすすめインターンシップ

 

ここまでインターンシップの種類について見てきました。

次は大学何年生にはどんなインターンシップがおすすめなのかみていきましょう。

 

大学1~2年生の場合

大学1年生、2年生におすすめしたいインターンが「長期インターンシップ」です。

その中でも

・最近バイトやサークル活動がマンネリ化してつまらなくなった人
・将来自分はどんな仕事がしたいのか分からない人
・就活で早い時期から周りに差をつけたい人

こんな人におすすめしたいです。

大学1年生の後半や2年生になるとだんだんサークルやアルバイトに飽きてきたり行かなくなってきたりした人も多いのではないでしょうか?

そろそろ何か新しい事始めたいなと思った時に、長期インターンシップを始めれば新たに社会人とのコミュニティができて、普通の大学生活では得られないような経験をすることができます。

また、将来どんな仕事がしたいのか分からないといった人も長期インターンシップをすることで自分のやりたい仕事が見えてくるはずです。

更に長期インターンシップを大学1、2年生から始めている人はまだなかなかいないので、就職活動で周りの大学生に差を付けられること間違いなしですよ。

 

 

大学3年生の場合

就職を意識し始めた大学三年生にとっては「短期インターンシップ」をおすすめします。

「まだ受けたい企業、業界が全然決まってない…。」

こんな悩みを持っている人は多いのではないでしょうか?

でも大学3年の夏の時期はみんなそんなものなので全然安心してください。

こういう時は短期のインターンシップを数社行って、自分がどんな業界が合っているのか見つけていくのが得策でしょう。

例えば日系大手企業、メガベンチャー、スタートアップという規模も企業風土も全く異なる企業で短期インターンシップを経験すると自分がどういった業界・企業の雰囲気があっているのかなどが段々つかめてきます。

メーカー・金融・広告といった全く違う業種で受けるのもいいですね。

 

また、大学3年生からの長期インターンシップもおすすめします!

社会経験が得られるのは勿論、就活で話せる話題がサークルやバイト以外に一つ増えていいですよ。

 

【経験者の声】18卒 Mさん 大手IT企業内定

私はサマーインターンシップで金融業界とIT業界の企業それぞれ1社ずつ参加しました。

大学3年の夏、少しIT業界にも興味があったのですが、一番行きたい業界は給料も高いし知名度もあるからなんとなく金融業界と決めていました。

そこでどちらの業界が自分に合っているのかと考え、対照的な日系大手企業とIT企業の2社のインターンシップに参加することに。

参加してみた結果、意外とIT企業の方が自分に合っているのではないかと考えその後の就職活動もIT企業を中心に受けていき、第一志望の企業から内定をいただくことができました。

もし夏の時点で、金融業界に絞っていたらどうなっていたのだろうかと今でも思いますが、あそこで自分の視野を狭めず複数のインターンシップに参加してよかったと思います

 

 

大学4年生の場合

就職活動が終わった大学4年生。

「長かった就職活動も終わったし遊ぶぞー!」と意気込むものの就活の間稼げてなかったから金欠…という人も多いのでは。

そんな時にお金も稼げて、且つ社会経験が詰める長期インターンシップをしてみてはいかがでしょうか?

就職先と同じ業界のインターンシップを始めれば、詳しい業界の情報を知ることができますし4月からの新生活でいいスタートを切れるはずです!

また外資系企業やグローバル展開を急速に進めている企業などに就職する人は夏休みに短期の海外インターンシップに参加してみるのもいいですね。

 

 

【経験者の声】18卒 Nさん 大手不動産企業内定

就職先が不動産業界の企業に決まりこれからは卒業旅行のためにお金を貯めようと思いましたが、アルバイトも就活を機にやめていたので再びバイト先を一から探す状態でした。

ここで普通のバイトをするよりもせっかくなら就職先に役立つような仕事がしたいと考え、ゼミの友達の紹介で不動産業界の企業のインターンシップを始めることに。

始めてみたところ不動産業界の大枠という基本的な知識から実際にどういう人とどういった取引をするのかなどというコアな部分まで間近で学ぶことができ、とても有意義な時間を過ごせています。

しかも高時給なので仕事も楽しいしお金も稼げてラッキーです。

 

 

インターンシップを始める上での注意点!

 

あくまで授業優先

インターンシップを優先しすぎて大学の授業を疎かにしないように気をつけましょう。

授業を切ってまでインターンシップを優先してしまい、結果単位を落としてしまった、卒業できなかった、なんてことになったら笑えませんよね…。

そのため長期インターンシップは全休で授業のない日や、2限が終わった後、4限の授業まで、といったように上手く組み込んでいきましょう。

長期インターンシップは時間の融通が利きやすいです。

始める前に、授業との両立がしっかりできるか考えてからインターンシップを始めましょう。

 

目的意識を持って取り組む

インターンシップを始めるときは、自分がそのインターンシップで何を得たいのか、何を成し遂げたいのかという目的を明確化して臨むようにしましょう。

例えば以下のような目的です。

 

・旅行業界に興味があり、自分の興味のある業界で働いてみたい。

・ゼミで学んだマーケティングの知識を実際の業務に応用してみたい。

・内定先と同じ業界で働き、業界事情や知識を学び就職後に役立てたい

 

「とりあえずインターンシップをやっておけば就活に有利になりそう」という考えでインターンシップをしても何も成長できません。

自分が何をしたいのかを明確にし、その目的を達成できる企業で必死に頭を使って仕事をすることで大きな成長を得ることができます。

 

インターンシップに参加する方法

 

短期インターンシップの場合

マイナビやリクナビ、キャリタス、ワンキャリアをいった新卒就活サイトを使うのが良いでしょう。

サマーインターンシップや冬のインターンシップの選考情報や締め切りについてなどが膨大な数が掲載されているので、そこから自分の興味のあるインターンシップをピックアップして応募してみましょう。

 

長期インターンシップの場合

長期インターンシップを始めたいとき、以下の方法がよく取られています。

 

・長期インターンシップ求人サイトを使う

・友達や先輩に紹介してもらう

 

前者は「キャリアバイト」や「JEEK」といった長期インターンシップ求人サイトを使って探していきます。

自分の目的に合った業種や地域で絞って自分に合ったインターンシップ先を探して申し込んでみてください。

後者はゼミやサークルの先輩や同期の中で長期インターンシップを行っている人を探して話を聞いてみましょう。

 

まとめ

 

インターンシップは何年生から始めても大丈夫ですし、いつから始めてもたくさんのメリットを得ることができます。

皆さんも自分の目的に合ったインターンシップを探していき、より自分の学生生活を充実させると同時に就職活動に活かしていきましょう!

The following two tabs change content below.
ヒロ
Boooost(ブースト)は「読んだ人のライフスタイルを高める」ことをコンセプトにした、IT企業に勤める運営者ヒロのブログです。大学生活・就活・投資・カフェ情報など様々なコンテンツを自分の経験を基に発信していきます。

スポンサーリンク