これなら簡単!インターンシップの志望動機の書き方をまとめてみた




周りも就活モードになってきたので、とりあえずインターンシップに応募しようと思っている人も多いのではないでしょうか?

しかしインターンシップを応募する際にある問題が発生します。

 

「インターンシップの志望動機ってどうやって書けばいいんだろう…」

 

誰しも最初は書き方に悩むインターンシップの志望動機。

そこで今回はインターンシップの志望動機の書き方についてまとめてみました。

 

まず受けたい企業について調べる

まずは企業について調べてきましょう。

 

企業を調べていくうえで一番知っておきたいことは、

  • その企業がどんなビジネスを行っているのか
  • どんな経営理念・経営方針を持っているか

の二つだと思います。

 

これを知るためには「企業名 事業」、「企業名 経営方針」と検索すれば大体出てくるので、、まずはどんな理念をもって会社を経営しているのか、どんなビジネスをしているのかを把握していきましょう!

またその企業の採用HPもくまなくチェックしていきましょう。

 

一番興味を持った内容について深掘りする

次になぜその会社に応募したのか、という部分を抑えていくために調べた中で一番興味を持った内容を深掘りしていきましょう。

ここがしっかりしていると「なぜ当社のインターンシップに応募したのですか?」という質問にも困ることはなくなります!

 

今回はインターンシップの志望動機を書いていくにあたり、「三井住友カード株式会社」という企業を例に学んでいきましょう。

僕も就活中この企業のインターンシップの選考受けました(グループディスカッションで落ちましたが…)。

ちなみにクレジットカードといった決済業界は今伸び盛りの業界なので、一度目を通しておくのもおすすめです。

 

三井住友カードは既存のクレジットカード事業のみならず、「iD」や「Square」といった今話題の金融とITを掛け合わせた「Fintech」事業を積極的にやっていることが見て取れました。

こうした「Fintech」に注力していくチャレンジングな姿勢は、他の決済事業を行っている「三菱UFJニコス」や「UCカード」にはあまり見られません。

そのため三井住友カードのインターンシップに参加したい理由としては、「他の企業と比べチャレンジングな姿勢がいいと感じたから」というようなかたちになります。

 

このように自分が興味を持った内容を、他の競合企業と比べて、数ある企業の中でもこの会社を選んだ理由を考えていきましょう。

 

Sponserd Links

志望動機の書き方の構成

次に志望動機の書き方について見ていきましょう。

 

➀結論ファースト

このような志望動機を書く上で一番頭に入れておきたいポイントは、結論ファーストという言葉です。

その名の通り話の結論を一番最初に持ってくるのです。

なぜ結論を先に持ってきた方がいいかというと、結論を文章の一番最初にした方がとても簡潔でわかりやすい文章になるからです。

 

「志望動機」の結論とはなぜこの企業の選考に申し込んだのか、という理由ですね。

 

なので

  • ~に興味を持ち、選考に申し込みました
  • 御社の~に惹かれたからです

などといった文章で結論を最初に述べていきましょう。

 

【例】

御社のカード決済のみならず、より便利な決済手段を提供しようとする企業のチャレンジングな姿勢に興味を持ち、インターンシップに応募いたしました。

 

➁自分の考えや経験を基に書く

次にその結論に至った理由について自分の考えや経験を基に書いていきます。

インターンシップに申し込んだ理由が自分の考えや経験が裏付けとなって出たものであると、非常に説得力のある志望動機になるのです。

例えば自分のゼミで学んだ内容を結びつけるのでも良いですし、最近話題になっているニュースいうものでもよいでしょう。

 

【例】

私は今までカード会社に対してクレジットカードのみを扱っているというイメージが強く、電子マネーやモバイル決済などの決済の多角化に対しどのように対応していくのだろうかという疑問を持っていました。しかし御社は新しい決済の仕組みづくりの開発やフィンテックの領域へも踏み込んでいっており、経営理念の一つである「進取の経営」を体現していると感じました。

 

③文章の終わりはこのインターンシップで学びたいことを書いて締める!

文章の締めで、最後にそのインターンシップに参加して何を得たいのか、何を学びたいのかを明確にして、文章を締めくくりましょう!

最後にこうした自分の思いを書くことによって自然に文章を終わらせることができるのです。

【例】

私は御社のインターンシップに参加して、このようなことは勿論、御社のビジネスやサービスについてより深く学んでいきたいと思っています。

 

④今まで書いてきたことを接続詞などを使って文章をまとめる

①➁③で書いてきた内容を接続詞を使って上手くまとめていきましょう。

 

【ES例】

Q.三井住友カードのインターンシップへの申込み動機をご記入ください。

御社のカード決済のみならず、より便利な決済手段を提供しようとする企業としての積極的な姿勢に惹かれたからです。(結論ファースト)

私は今までカード会社に対してクレジットカードのみを扱っているというイメージが強く、電子マネーやモバイル決済などの決済の多角化に対しどのように対応していくのだろうかという疑問を持っていました。しかし御社は新しい決済の仕組みづくりの開発やフィンテックの領域へも踏み込んでいっており、経営理念の一つである「進取の経営」を体現していると感じました。(自分の考え)

そこで私は御社のインターンシップに参加して、このようなことは勿論、御社のビジネスやサービスについてより深く学んでいきたいと思っています。(インターンシップで得たいもの)

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

最初はインターンシップの志望動機は慣れていないと書きづらいかとは思いますが、

 

  1. 結論ファースト
  2. 自分の経験・考え
  3. インターンシップで得たいこと

 

を意識して書けば意外と簡単に志望動機を書くことができます!

また、志望動機を書く上で企業研究は欠かせないので、しっかりと分析し、「この企業にインターンシップを申し込んだ理由」というものを明確にさせ志望動機を書いていきましょう。